徳島市役所

 徳島市は11日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、休業や客足の減少で収益が悪化した中小企業に独自に10万円を手当てする緊急支援金の給付を始めた。

 対象は、突発的な災害が理由で売上高が減少している中小企業のための支援措置である国の「セーフティネット保証4号」に認定され、金融機関の融資を受けた企業。8日時点で600社以上が4号の認定を受けている。市は9日から順次、申請書類の郵送を行っており、11日に1社の口座に振り込んだ。

 受け付けは9月末まで。市は、2千社分の2億329万円を2020年度一般会計補正予算に計上している。感染防止のため、申請は郵送で行うよう呼び掛けている。