県協会が募集する画像のイメージ。黒色枠内のサイズにトリミングされる

 阿波踊りで心を一つに危機を乗り越えよう―。新型コロナウイルスの影響で全国の阿波踊りが中止となる中、徳島県阿波踊り協会は県内外の踊り手やファンからメッセージ画像を募って動画を作る。会員制交流サイト(SNS)などで公開し、事態収束への願いや踊りへの思いを共有するとともに、コロナ禍で下火になっている踊り熱の盛り上げも図る。

 メッセージを書いた紙(A4サイズ)を持ち、踊りのポーズをしたり鳴り物やうちわを持ったりした自撮り画像を募集する。メッセージは▽医療現場で活躍する人や感染防止対策に取り組む人へのエール▽事態が落ち着いたらやりたいこと▽「一緒に頑張ろう」といった呼び掛け―を想定している。

 県協会事務局(徳島新聞社内)が設けるメールアドレス<awaodoriphoto@topics.or.jp>と、徳島新聞公式SNSのダイレクトメッセージで受け付ける。メッセージ本文に撮影地(都道府県名など)を記入する。締め切り6月1日。画像は徳島新聞紙面にも掲載する予定。

 応募方法の詳細はここをクリックしてください。