ジャパネットたかたの特設サイト「生産者応援プロジェクト」

 通信販売大手のジャパネットたかた(長崎県佐世保市)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが落ち込んでいる生産者を支援する企画の一環として、阿波尾鶏など徳島県内の特産品の販売をテレビ通販や特設サイトで始めた。

 県内から▽丸本(海陽町)の阿波尾鶏の唐揚げと炭火焼き▽肉の藤原(徳島市)のブランド牛「一貫牛」のすき焼き用切り落とし▽阿波市場(鳴門市)の天然鳴門鯛の干物セット|の3商品を取り上げた。9日に初回のテレビ通販番組を放映した。

 自治体やバイヤーから紹介を受け、ホテルや飲食店向けの需要が低迷している食材などをジャパネットが生産者から直接購入し、販売する。4月22日から地域ごとに番組を順次放送しており、5月12日時点で北海道や宮城県など6道県の18品(一部売り切れあり)を扱っている。

 商品の購入や問い合わせは、平日午前10時~午後5時に<フリーダイヤル(0120)441222>。