(写真はイメージ)

 徳島県内でパチンコホール「ゲットプラザ」を展開する愛染観光(藍住町)が自己破産申請の準備に入ったことが13日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で客足が落ち込み、収入が減少。事業継続を断念した。県内の新型コロナ関連の倒産は初めて。負債総額について帝国データバンク徳島支店は約7億円、東京商工リサーチが約6億円とみている。

 旧店舗の一部を駐車場や賃貸不動産にして収益改善に取り組んでいたものの、新型コロナの感染拡大で客足が鈍化。収入が急激に落ち込み、11日までに事業を停止した。従業員は20人。