市出身の学生に届けられるコメなどの提供品=阿南市内

 徳島県阿南市出身者らでつくる「東京・阿南ふるさと会」や「関西・阿南ふるさと会」などが、新型コロナウイルスの影響で市への帰省を自粛する県外在住の学生を支援するため市特産品や手作りの布マスクなどを無償提供する。7日から市ホームページで募集を始めた。

 市によると、不安な生活を送る学生を応援する新潟県燕市の例を参考に両ふるさと会が企画。阿南市のほか、富岡西高、富岡東高、阿南高専の関東の同窓会も賛同した。コメ2キロ、タケノコご飯のもと、市内の商店が手作りした布マスク、エコバッグなど10品を段ボール箱に詰めて送る。

 応募できるのは市出身または市内の高校や高専出身で、県外に住む18~30歳の大学生、専門学校生、大学院生。締め切り5月末。市東京事務所のホームページから申し込む。ふるさと会や各校OB会などのメンバーとして登録され、応募者全員に送る。

 市は「これからの未来を担う若者が大変な状況にある。少しでも応援できれば」としている。問い合わせは市東京事務所<電03(6206)1852>。