経済産業省は14日から、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業に支給する「持続化給付金」の電子申請をサポートする会場を、徳島市のセンチュリープラザホテルに設ける。申請をインターネットに限っているため、手続きが困難な経営者らを支援する。

 当面の間、毎週水曜と7月15~18日を除く午前9時~午後5時に事務局職員が対応する。確定申告書類や売上台帳などを持参する必要がある。利用は事前に予約が必要で、電話予約窓口<電0570(077)866>などで受け付ける。5月18日までは徳島商工会議所<電088(653)3213>でも予約できる。

 持続化給付金は、1月以降いずれかの月の収入が前年同月と比べて半分以上減ったケースが対象。中堅、中小企業は最大200万円、個人事業主は最大100万円受給できる。詳細は事務局ホームページ<https://www.jizokuka-kyufu.jp/>。