新型コロナの感染拡大を受けて休園中のとくしま動物園の動物たちの様子を紹介します。第10回はホッキョクグマのポロロの第2弾です。

種類:ホッキョクグマ
体長:180~200センチ
体重:約200~350キロ

 
【メモ】

 北極圏の海岸沿いに分布するホッキョクグマは泳ぎはもちろん、狩りがとっても得意。全身が白い毛に覆われているように見えるため「シロクマ」と呼ばれているが、実は内部が空洞になった透明な毛になっており、光が反射して白く輝いて見えているのだ。

 とくしま動物園のポロロは2014年の12月に札幌市円山動物円よりやってきた。来園当時はあどけない顔立ちだったが、今では立派なレディになっている。ダイナミックな泳ぎや氷のケーキを夢中になって食べる姿は必見!

 また、日程は未定だが、北海道の旭川動物園からオスのシロクマ「イワン」がやってくる予定だ。ポロロとのつがいで公開される期待が高まっている。

とくしま動物園 北島建設の森 ※5月24日まで閉園中
所在地:徳島市方上町・渋野町
開園時間:9時30分~16時30分(入園は16時まで)
休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日が休園日)年末年始は12月29日~31日、1月1日
入園料:大人600円、中学生以下は無料
その他詳細は公式HPhttps://www.city.tokushima.tokushima.jp/zoo/index.htmlを確認