ごみ拾いをするしずちゃん=美波町田井の田井ノ浜

 美波町田井の本田譲さん(78)が経営する民宿「樹園」の看板犬「しずちゃん」が毎日、近くの海水浴場・田井ノ浜周辺でごみを拾っている。空き缶やペットボトルを見つけてはくわえ、民宿に運ぶ。

 しずちゃんは13歳の雌の雑種。毎日1時間近く、本田さんと一緒に海岸周辺を散策する。散歩が終わる間際になると、見つけたごみをくわえ、譲さんを置いて民宿へとダッシュ。途中で近所の人が声を掛けても振り返ることなく、懸命に駆ける。

 しずちゃんは2018年1月、本田さんの知人宅から樹園に来た。翌月、海岸に打ち上げられたごみを持ち帰り始めた。妻の加代子さん(69)は「持ってきたときに『すごいね、賢いね』と褒めたから続けるようになったのかな」と振り返った。

 看板犬として宿泊客を出迎えていたが、民宿は新型コロナウイルスの影響で休業中。再開したとき、美しい海と共に客を出迎えられるよう、今日も砂浜を走る。