攻守の切り替えやパス回しなどのメニューをこなす岩尾(左)ら徳島の選手=18日、板野町の徳島スポーツヴィレッジ

 サッカーJ2の徳島ヴォルティスは18日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために休止していた全体練習を板野町の徳島スポーツビレッジで再開し、報道陣に公開した。選手たちは1カ月ぶりに仲間とボールを蹴る喜びをかみしめ、ピッチで躍動した。

 約1時間半、基礎練習を中心に体を動かし、実戦形式のボールトレーニングにも取り組んだ。選手は検温や手指の消毒のほか、ペットボトルの回し飲みを禁止するなど感染予防対策を徹底して練習に臨んだ。

 リーグ再開は早くとも7月にずれ込む見通しだが、チームは当面、週1回程度の休みを設けながら練習を続ける。

 リモート会見したロドリゲス監督は「リーグ再開がいつになるか分からないが、その時に備えてコンディションをしっかり整えていきたい」と話した。