徳島県美波町の女性(73)方に、渡りチョウのアサギマダラが飛来している。

 あさぎ色の羽が特徴で、春に日本列島を北上し、秋から冬にかけて南下する。女性は2018年にアサギマダラが好む植物として知られるスイゼンジナを庭に植えた。今年は4月29日に初めて飛来を確認し、毎日15~20匹が飛び交っている。例年は6月中旬まで見られる。

 女性さんは「ふわりふわりと優雅に飛ぶ姿に癒やされる。来年も来てくれるよう庭の手入れに励みたい」と話した。