徳島県警組織犯罪対策課と牟岐署は18日、大阪府、建設業少年(18)を大麻取締法違反(所持)の疑いで8日に現行犯逮捕したと発表した。

 8日午前9時ごろ、県南部の宿泊施設の一室で、大麻草約1・3グラムを所持した疑い。少年の関係者から情報提供を受け、滞在していた客室を家宅捜索して大麻草を見つけた。「自分で吸うために持っていた」と容疑を認めている。