協働スペースを運営しているリヴィング・ラボとくしま(徳島市)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減った小規模企業や個人事業主を支援するため、クラウドファンディング(CF)などで集めた資金を贈る「地方事業主緊急支援基金」事業を行う。動画配信や会員制交流サイト(SNS)の活用などによるマーケティングも無料で指導し、収益確保を後押しする。

 支援対象は、持続化給付金や休業補償など公的な支援制度に該当しない事業主で、公募する。公的制度に該当する場合でも、給付や融資を待つ余裕がない場合は申請を受け付ける。1事業所当たり5万円からの支給を計画している。

 CF募集サイト「READY FOR(レディーフォー)」で29日まで基金の原資を募集。支援先は集まる金額によって10~20社とする。協働スペース利用者の会費などを合わせ、6月以降に現金で分配する。

 マーケティングの指導ではPR動画の撮影支援や動画配信、無料サービスの活用方法をはじめ、商品在庫を返礼としたCFの実施などを提案する。問い合わせは<電088(678)4584>。