プラスチック容器メーカー「赤松化成工業」(松茂町)が22日、自社で開発したフェースシールド10万枚と、サージカルマスク1万枚を日本赤十字社県支部に寄贈した。

 フェースシールドは透明性が高く、曇らないのが特徴。額部分に突起がついておりシールド部分と間隔が空いているため、ゴーグルや眼鏡もストレスなく着けられるという。県庁で贈呈式があり、赤松外之彦社長が「新型コロナウイルスの感染予防対策のために贈ります」と、日赤県支部支部長の飯泉嘉門知事に目録を渡した。

 徳島新聞社も同日、県にマスク10万枚を贈った。池上治徳総務局長が県庁を訪れ、「社会福祉施設や保育所などで使ってほしい」と、仁井谷興史保健福祉部長に目録を渡した。