新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされているホテルや旅館を応援したいと思っている旅行ファン向けに、宿泊日を決めず料金の前払いを通じて資金支援する仕組みを東京都のベンチャー企業がつくり、運営を始めた。宿泊者の急減で経営が厳しくなっているホテルや旅館の資金繰りを助けるのが狙いだ。

 運営するのはホテルのホームページ用の予約システムを提供しているトリプラ(東京)。新たな支援の仕組みは「未来の宿泊チケット」と名付けた。ホテルや旅館側は「購入から1年間」など有効期限を示した宿泊プランを販売する。通常プランより割安にするなど、お得感のある内容になっている。