乃木坂46が新型コロナウイルス感染拡大防止を呼び掛ける新曲「世界中の隣人よ」のミュージックビデオ(MV)を公式ユーチューブで公開した。西野七瀬さんや生駒里奈さんら卒業メンバーが初めて現役メンバーと一緒に歌唱を担当。25作目シングル「しあわせの保護色」の活動をもって卒業予定だった白石麻衣さんも参加して「Stay Home」の大切さなどを歌い上げている。

 「世界中の隣人よ」は、作詞を秋元康さん、作・編曲をtakaさんが担当。新型コロナ感染を防ぐために自宅で過ごす大切さや、自粛を続ける人たちへのエール、新型コロナと闘う医療従事者への感謝の気持ちをつづった歌詞をドラマチックなメロディーにのせて歌う、乃木坂46らしいメッセージソングとなっている。

 

 卒業メンバーは11人が参加。歌割りでは、秋元真夏さんと桜井玲香さんの新旧キャプテンコンビや、市來玲奈さんと斎藤ちはるさんの現役アナウンサーコンビなど、ファンにはうれしい顔合わせも。桜井さんが昨年の卒業コンサートで残した〝卒業しても乃木坂〟という名言を体現した一曲ともいえそうだ。

 MVはそれぞれのメンバーが携帯電話のカメラで自撮りした映像を基に制作されている。グループが毎年夏にライブを開催し、ファンの間で聖地となっている明治神宮野球場の現在の様子も映し出されており「ファンと一緒に安全にライブを楽しめる日が早く来てほしい」という思いも込められている。

 

 秋元キャプテンは「新型コロナの感染拡大を受け、私たちにも何かできることはないかと考えて楽曲を発表させていただくことになりました。聴いてくれた皆さんに、少しでも希望を持ってもらえる楽曲になってくれたらうれしいです」とするコメントを発表している。

 

■乃木坂46「世界中の隣人よ」MV
 公開:2020年5月25日(月)AM4時
 出演者(敬称略):乃木坂46全メンバー、生駒里奈、市來玲奈、伊藤かりん、衛藤美彩、斎藤ちはる、斉藤優里、相楽伊織、桜井玲香、西野七瀬、能條愛未、若月佑美

■乃木坂46キャプテン秋元真夏さんコメント
 今回、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、私たち乃木坂46にも何かできることはないかと考え「世界中の隣人よ」という楽曲を発表させていただくことになりました。初めて現役メンバーと卒業生が一緒に制作した1曲となり、ミュージックビデオも自宅など、それぞれの場所でリモートにて撮影を行いました。聴いてくれた皆さんに、少しでも希望を持ってもらえる楽曲になってくれたらうれしいです。

■乃木坂46「世界中の隣人よ」歌詞
 作詞:秋元康 作曲・編曲:taka ()内は歌唱メンバー

(白石麻衣)
夜はいつだって明けると誰もみんな思っているよ
(西野七瀬)
星がやがて消えて行くまで 僕らは窓の空を見てた

(生田絵梨花・齋藤飛鳥)
なんてちっぽけな存在なんだ
(衛藤美彩・若月佑美)
この部屋から祈ることしかできなくて
(高山一実・松村沙友理)
世界のこの悲しみに胸を痛め
(生駒里奈・星野みなみ)
言葉以上の涙を流してた

(ALL)
隣人よ そこにいて あなたの想いは伝わっているから
手を握らなくても その愛は分かち合えるよ
大切な誰かと今を生きよう

(市來玲奈・斎藤ちはる)
自分に何ができるのだろう そう何度も考えてみた
(秋元真夏・桜井玲香)
ずっと眠れぬまま働く彼らにどう感謝をしようか

(中田花奈・樋口日奈・和田まあや)
そうさ 人間は捨てたもんじゃない
(新内眞衣・堀未央奈・渡辺みり愛)
会ったことない誰かのため支え合って
(遠藤さくら・賀喜遥香・久保史緒里・筒井あやめ・山下美月・与田祐希)
すべてを乗り越えられる強さを持ち
(伊藤純奈・鈴木絢音・寺田蘭世・山崎怜奈)
未来に続く希望を信じてる

(ALL)
隣人よ 微笑んで 私と一緒に歌ってください
壁の向こう側に この声は聴こえていますか?
お互いに一人じゃないとわかって…

隣人よ 夜(よ)が明けて 世界を照らすまで部屋にいましょう

隣人よ そこにいて あなたの想いは伝わっているから
手を握らなくても その愛は分かち合えるよ
大切な誰かと今を生きよう

LALALA…
LALALA…