炎を上げて燃える建物=つるぎ町貞光(読者提供)

 23日午後3時40分ごろ、つるぎ町貞光の金光教貞光教会から出火。木造2階建て延べ約1200平方メートルと木造平屋の倉庫約40平方メートルを全焼した。

 南側に延焼し、木造平屋の空き家約35平方メートルを全焼したほか、電機店の鉄骨鉄筋3階建て約170平方メートルの倉庫を半焼して約2時間40分後に消えた。けが人はいなかった。

 現場はつるぎ町役場から西に約300メートルの住宅街。美馬署によると、教会に住む教会長(68)が「風呂辺りが燃えている」と119番した。教会長は長男と2人暮らしで、出火当時、台所にいたが逃げ出して無事だった。長男は仕事で外出していた。

 署が出火原因を調べている。