写真を拡大 阿波弁当

 徳島県内の緊急事態宣言は解除されたが、新型コロナウイルス感染を懸念し、まだ繁華街を飲み歩くのは気が引ける人もいるだろう。徳島市富田町の「富田町ダイニング 坊乃」は、居酒屋メニューを自宅で楽しめる持ち帰りを始めた。中でも一押しは、徳島の食材をふんだんに使った「阿波弁当」(1500円)だ。

 ジューシーな「阿波尾鶏の照り焼き」や、歯応えが楽しめる「鳴門蓮根の挟み揚げ」など店で人気の単品メニューを詰め込んだ。白米と選べる「蕎麦米と和田島ちりめんのチャーハン」は豊かな香りが食欲をそそる。代表の古賀康祐さん(44)は「チャーハンは特に力を入れたメニュー。食べたことのない味だと思う」と自信を見せる。

 この他、牛ハラミステーキ弁当(1300円)や厚焼きタマゴサンド(600円)、オードブルや一品料理も取りそろえる。自宅での晩酌や家族パーティーにもうってつけだ。古賀さんは「地元の食材を使い徳島から元気を発信したい」と話した。

 営業時間は午後5時~午前0時。持ち帰りは随時受け付け、午後11時までに予約すれば翌日の昼に受け取れる。日曜定休。TEL088(625)8585。