美馬市出身の漫画家・たなべみかさんが考案した「ミマビエ」

 徳島県美馬市出身で鳥取市在住の漫画家・たなべみかさんが、新型コロナウイルスの収束を願い、疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」を基にした妖怪を考案した。美馬市の吉野川からやってきたとの設定で「ミマビエ」と名付けた。

 足元まである長い青の髪が特徴。ピンクと青のうろこに、水色の足を持つ。頭頂部の髪の中に「ミマ」の字を入れている。

 中学の英語教諭をしている地元の友人から「生徒用にケーブルテレビで英語番組を制作する。番組に登場するキャラクターを作ってほしい」と頼まれたのがきっかけ。同市を拠点に活動する動画制作グループ「Manma Mima(マンマミマ) TV」のフェイスブックで画像を公開しており、自由にダウンロードや加工ができる。

 たなべさんは「自由に加工して、さまざまな場所で使ってほしい」としている。