国道32号猪ノ鼻道路

 国土交通省徳島河川国道事務所などは25日、徳島県三好市池田町と香川県三豊市を結ぶ国道32号猪ノ鼻道路(8・4キロ)が12月末までに開通する見通しになったと発表した。

 猪ノ鼻道路は2003年、県境の猪ノ鼻峠を通り、急カーブや坂の多い国道32号のバイパス道路(片側1車線)として事業化。20年度の開通を目指し、工事が進められていた。全体の8割を四つのトンネル区間が占め、積雪や凍結による通行障害の減少などが期待される。開通後の通行時間は現在より10分ほど短縮される見通し。

 両県で最長の新猪ノ鼻トンネル(4・2キロ)が昨年12月に完成。開通までに舗装工事や標識の取り付け作業などを残すのみとなっている。