【ロンドン共同】人気小説「ハリー・ポッター」シリーズを書いた英作家J・K・ローリングさんが26日、無料で読める新たな英語の童話をウェブサイトで公表した。草稿を自宅の屋根裏に約10年置いていた作品で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、苦境下にある子どもたちのために発表を決めた。

 題名は、物語の中に出てくる架空のモンスターの名前である「The Ickabog(イカボグ)」。「真実と権力の乱用についてのストーリー」で、かつて自身の子どもに読み聞かせていたというローリングさんは、ツイッターで「ハリー・ポッターのスピンオフ(派生作品)ではない」と説明している。