高校野球の徳島県独自大会会場の一つとなる鳴門オロナミンC球場=鳴門市撫養町立岩

 徳島県高校野球連盟は29日、全国高校野球選手権大会の中止を受け、県独自の大会を開くことを決めた。トーナメント形式で7月11日に開幕。8月2日まで延べ10日間、土日曜・祝日に試合をする。

 大会名は「徳島県高校優勝野球大会」。無観客開催とするものの、控え部員と保護者は観戦できる。3年生だけ、試合ごとにベンチ入り選手の入れ替えができる。円陣を組んだり握手したりする行為は禁止するなど、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底させる。開会式は行わない。

 独自大会開催を検討する研究協議会が徳島市の城北高であり、理事ら約40人の全会一致で開催を決めた。会場は鳴門オロナミンC球場とJAアグリあなんスタジアムを併用する。組み合わせ抽選は6月29日に行う。