徳島県は31日までとしていた観光遊歩道・渦の道(鳴門市)と大鳴門橋架橋記念館エディ(同)、県立オートキャンプ場「四国三郎の郷」(美馬市)の休業期間を6月18日まで延長する。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、観光誘客は同日までは県内で行う方針で、県外客の利用が多い施設は休業を続ける。

 鳴門ウチノ海総合公園や月見ケ丘海浜公園などの一部施設は1日から、東京、神奈川など5都道県を除く県外在住者の利用を認める。18日までは予約時に住所を確認し、5都道県なら利用を断る。