岡山市を中心にタクシーを運行する八晃運輸(岡山市中区)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減り、グループ3社のタクシー運転手の約半数に当たる約100人を5月末で解雇することが30日、同社への取材で分かった。

 成石敏昭社長によると、同社など3社でつくる「サンタクシー」グループ所属の運転手は計約220人。このうちパート従業員ら約100人に4月下旬、5月31日付で解雇すると通告した。

 新型コロナの影響で3月の売り上げは前年同月比3割減、4月と5月は6~7割減となっている。成石社長は「会社を存続するための苦渋の決断だ」と話した。