降りしきる雨の中、鮮やかな紫や青の花を咲かせたアジサイ=徳島市東船場町1の「しんまちボードウオーク」

 高松地方気象台は31日、四国地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より5日、1951年の統計開始以降で最も遅かった昨年より26日早い。5月の梅雨入りは2013年以来7年ぶり。

 31日の徳島県内は低気圧や前線の影響で雨が降った。徳島地方気象台によると、6月1日はおおむね曇り、夕方は雨が降る見込み。2日以降は、前線や湿った空気の影響で雲が広がりやすい天気が続くとみられる。

 四国地方の梅雨明けは平年が7月18日ごろで、昨年は同25日ごろだった。