東京都の新型コロナウイルス対策本部会議で「東京アラート」を発令する小池百合子知事=2日夜、都庁

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人報告されたと発表した。夜の繁華街や既に感染者が出ている病院を中心に感染拡大の兆しがあるとして、小池百合子知事は同日夜の対策本部会議で、警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初めて出した。午後11時に都庁舎と東京湾に架かるレインボーブリッジを赤く点灯。30人以上となるのは5月14日以来19日ぶり。

 都によると、2日までの1週間で判明した新規感染者計114人のうち、夜の繁華街が感染源とみられるのは32人で3割近くを占める。週単位で比較した陽性者数は前週の2倍強で、直近7日間平均での感染経路不明率は50%。