賃貸アパート大手のレオパレス21が、千人規模の希望退職者の募集を検討していることが3日、分かった。アパートの施工不良問題で入居率が低迷し、業績が悪化しているため。2020年3月期連結決算の純損益は304億円の赤字と想定していたが、赤字幅が拡大する見込み。4日にも業績予想の下方修正を発表するとみられる。

 19年12月末時点の社員数は単体で5985人となっており、希望退職の募集人数は全体の15%超に当たる。19年3月期の純損益は686億円の赤字だった。2期連続の赤字となり、経営再建の先行きは不透明感が増している。