【ワシントン共同】米当局は3日、中国国際航空や中国東方航空など中国の航空会社が運航する米国便の飛来を16日から禁止すると発表した。中国が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休止していた米国の航空会社の中国便再開を認めないことへの対抗措置という。

 ロイター通信によると、米国のユナイテッド航空やデルタ航空が今月からの中国便再開を中国当局に申請していたが認められていない。

 米大手航空各社は2月、米政府が新型コロナの感染防止措置として中国からの入国禁止を打ち出したのを受けて中国便を自主的に休止。中国の航空会社は米国便の運航を継続していた。