マスター事業者コンテストで優勝した天羽さん=徳島市津田海岸町1の県個人タクシー協同組合

 全国の個人タクシー運転手が接客サービスの質を競う「第3回マスター事業者コンテスト」(一般社団法人全国個人タクシー協会主催)で、徳島市多家良町池谷の天羽浩昭さん(57)が優勝した。安全へのきめ細かな配慮や、乗客との円滑なコミュニケーションなどが評価された。

 コンテストは、同協会の全国49支部から個人タクシーの運転手が参加し、2年に1度開かれている。天羽さんは、徳島県個人タクシー協同組合(組合員54人)の推薦で昨年10月21日に高知市であった四国予選に出場。1位で突破し、7月27日に都内で行われた全国大会に進んだ。

 全国大会では、ブロック予選を勝ち上がった16人が模擬車両を使っての7分間の実技に臨んだ。所作や身だしなみをはじめ、手荷物の積み降ろしや運賃の収受、車内での会話などを審査。緊張して釣り銭を間違える出場者もいる中で、天羽さんは落ち着いて応対し、審査員からは「安全に配慮しているのはもちろん、自然体でお客さまも和ませるような雰囲気が良かった」と講評された。

 過去2回の全国大会優勝者は関東支部の代表で、地方の代表が優勝するのは初めて。

 天羽さんは運送会社や介護タクシーの運転手を経て、51歳の時に個人タクシーを開業した。天羽さんは「周りの人の支えや助言のおかげで優勝できた。気を引き締め、これからも初心に立ち返ってサービスを提供していきたい」と語った。