一味違った趣向のラブストーリーを堪能したいなら、「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離〈ディスタンス〉」(1995年、リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー出演)がお薦めだ。

© 1995 Castle Rock Entertainment.

 米国人のジェシーとフランス人のセリーヌが、パリ行きの列車内で出会い、心に通じ合うものを感じる。セリーヌはジェシーに誘われてウィーンで途中下車し、2人は翌朝まで語り明かす。

© 1995 Castle Rock Entertainment.

 登場人物は基本的に2人だけで、男女の出会いから翌朝の別れまでの14時間を描く。古都ウィーンの美しい街並みを背景に、夜通し歩きながら交わす会話のみで全編構成されている。

 ほのかな恋の予感から始まった一夜限りの語らい。自分や家族のこと、人生観、恋愛観などを語り合い、本物の恋へと変わっていく。恋の誕生という目に見えない瞬間を、会話の積み重ねによって映像化している。

 会話はアドリブめいて見えるが、全てのせりふを細部まで練り、リハーサルも重ねて撮ったという。何気ない軽口やしぐさすら恋が生まれるための要素であり、2人の自然なやりとりはドキュメンタリー映画を見ているかのようでもある。

 見終わった後は、2人の恋の行方が気になってくる人もいるだろう。9年後に2人が再会する第2作「ビフォア・サンセット」、さらに9年を経た第3作「ビフォア・ミッドナイト」でその後の物語が描かれている。(記者A)

【記者A】映像ソフト専門誌編集者、フリーの映画ライターを経て徳島新聞記者を務める。映画関連記事の編集や執筆、インタビュー、ロケ現場の取材などに長年携わり、1年間で365本鑑賞した年もあるなど、映画をこよなく愛する。

 

DVD版1429円(税抜き、発売・販売元 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント)