米ラスベガスで再開したカジノのルーレットゲーム=4日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】新型コロナの感染拡大に伴い3月から休業していた米ラスベガスのカジノが4日、営業を再開した。感染防止策として客同士の距離を確保し、検温や消毒を実施する。休業が続いている施設もある。

 米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルは、一部のリゾート施設でカジノやホテルの営業を再開した。目抜き通りにあるベラージオでは巨大な噴水のショーを行っているが、カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演は再開していない。

 米ウィン・リゾーツは「ウィン・ラスベガス」の営業を再開した。従業員は職場復帰の際に、新型コロナの検査を受けているという。