横田滋さん

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=の父で、拉致被害者家族会初代代表の横田滋さんが5日午後2時57分、老衰のため死去した。87歳。徳島市出身。自宅は川崎市川崎区。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

 日銀新潟支店に勤務していた1977年11月15日、新潟市立寄居中1年だった長女めぐみさんが下校中に失踪。約20年間消息不明だったが、97年、亡命工作員の証言などで北朝鮮に拉致された疑いが浮上した。

 同年結成された拉致被害者家族会の初代代表に就任。妻早紀江さん(84)と救出運動の先頭に立ち続け、その活動はドキュメンタリー映画や漫画に取り上げられ、夫妻で著書も出版した。

 2002年9月、日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を初めて認め、謝罪。拉致被害者のうち、めぐみさんら8人は「死亡」とし、蓮池薫さんら5人が同年10月に帰国した。