のぼりなどを持って事故防止を呼び掛ける参加者=三好市井川町辻

 5月26日に三好市井川町井内東で発生した死亡事故を受け、三好署は4日、現場近くの国道で交通安全キャンペーンを行った。

 署や三好交通安全協会などから約30人が参加。「守ろう交通ルール」と書かれたプレートやのぼりを持って安全運転を呼び掛けた。

 栗本徹交通課長は「新型コロナの緊急事態宣言が解除され、走行車両も増えているので、安全運転を心掛けてほしい」と話した。

 事故は午前11時20分ごろに発生。70代男性が運転するライトバンが市道から川に転落し、同乗の70代女性が死亡した。