高知銀行は5日、男性行員(31)が2018年11月~今年2月に、徳島支店勤務時の取引先から謝礼を受け取ったり借金をしたりしていたと発表した。5月20日付で降職4階級の懲戒処分となり26日付で依願退職した。

 銀行によると、元行員は16年9月~19年8月、徳島支店に在籍。個人や法人の四つの取引先に対して融資の際に謝礼を要求し、総額110万円を受け取っていた。別の二つの取引先からは計300万円を借りた。

 取引先から徳島支店に謝礼について説明を求める問い合わせがあり発覚した。元行員は得た金をクレジットカードの支払いなどに充てていた。

 高知銀行は取引先に全額を返却。「信頼の回復と不適切な事案の再発防止に努める」とした。(共同)