久米宏 (C)ORICON NewS inc.

 フリーアナウンサーの久米宏(75)が6日、TBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』(毎週土曜 後1:00)に生出演。2006年10月にスタートした同番組が、今年6月いっぱいで終了することを明らかにした。

【写真】久米宏&小宮悦子が20年ぶりに司会でタッグ

 久米は「ちょっと重要なお知らせがございまして。本当はもっと早く言うべきだったのですが、ちょっと機を失してしまいまして。6月に入って、こんな話を申し上げるのもなんですが」と切り出すと「この『久米宏 ラジオなんですけど』が始まったのが、2006年の秋だったんですね。僕もこの仕事50年以上やっていますから、いろんな番組に関わったんです。ほとんどすべての番組は終わっています。1本だけ終わってないのがあるんですよ。それがこれです」とコメント。

 続けて「実は、大変申し訳ないんですが、この番組が今月いっぱいで終了することになりました」と発表。「本来なら、もっと早くお知らせするべきだったなと思っていたんですけど、これが決まったのが今年の年明け早々なんです。1月の上旬ぐらいに、TBSラジオと僕が所属している事務所との話し合いで決まって、6月いっぱいで打ち切りって決まっていて、早めにお話するべきだったなと思っていたのですが、コロナ騒動になってきちゃって、ほとんどの人、今の情勢だとコロナかと思いますよね」と報告が遅れてしまった経緯を明かした。

 その上で「ずっと言おうと思ってきたんですけど、どうも言いそびれてしまいまして、ついに6月…。本当に申し訳ないんですけど」と謝罪。「どうしてなんだって、今リスナーの方々が急増しておりまして、なんでそういう時にって。そんな時にやめることないんじゃないかっていうのは重々承知しておりますが、やめるかっていうことに関してはね。理由は複数ありますね」と切り出した。

 やめることを決意した理由について「ここのところ、タイムフリーで聴いたりするんですけど、ここ数年、自分でもあれっていうような言い間違いが多い。やっぱりね、例えば自分で赤って言ったつもりでも、黒って言っているんですよ。ケアレスミスが5年ですかね。集中力とか根気とかが衰えてきているなと。理由を挙げるとすごいですよ。100くらいあります。それ以外にね…前から言っているんですけど、番組をやめる時って、下り坂になってからやめるのはよくないっていうのが持論なんですね。割と調子のいい時にやめるのが、出演者・スタッフもそうなんですけど、リスナーにとってもいい思い出が残る。それと後に続く番組のために…」と話した。

 番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聴くことができる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。