あめご天丼(左)とあめご寿司

 新型コロナウイルスの影響による1カ月以上の休業を経て、6月から営業再開した那賀町のもみじ川温泉。再スタートに合わせ、レストランで人気のアメゴを丸ごと使った「あめご寿司」(850円)と「あめご天丼」(900円)をテークアウトで提供している。

 川魚独特の臭みが少なく身が柔らかいアメゴは、町内の養殖業者から仕入れている。寿司では、町産ユズをベースとした調味料に半日漬けて作る。酢飯もユズ酢が効いており、口に入れた瞬間に爽やかな香りが広がる。

 天ぷらはアメゴのふわふわとした食感が存分に楽しめ、甘辛いタレと絡んでご飯がよく進む。素揚げして食べやすくした頭と骨も添え、「川魚の女王」を余すことなく味わえる。

 客足は徐々に戻りつつあるものの、移動自粛の影響は大きく、例年に比べると少ないという。割安な宿泊プランに地元の木工品を付けるなど工夫を凝らして集客を図っており、支配人は「持ち帰りメニューの追加も考えている。多くの人に来てもらいたい」と話している。

 営業時間は午前11時から午後7時。事前予約もできる。TEL0884(62)1171。

徳島飲食店応援キャンペーン「#テイクアウトしようそうしよう」
​URLはこちらhttps://tabeyo-tokushima.net/