大野智主演ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編#5に出演する戸田恵梨香 (C)フジテレビ

 人気グループ・嵐の大野智主演によるフジテレビ系連続ドラマ『鍵のかかった部屋』の『特別編#5』が、8日に放送される。今回は2012年4月期連ドラからEpisode8を放送。このほど戸田恵梨香が登場する場面カットが到着した。

【写真】特別編#1~3 戸田恵梨香の場面カット

 新型コロナウイルスの影響を受け、今クールの月9ドラマ『SUITS/スーツ2』の第3話以降の放送が延期に。全国的に“STAY HOME”に取り組むなか「家族そろって楽しめるドラマ」として『鍵のかかった部屋』を再放送。大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)とともに難解な密室事件を解明していく痛快エンターテインメントとなっている。
 
 特別編#5では榎本が、青砥、芹沢と共に、遺体となって発見された人気漫画家・中田文恵(渡辺めぐみ)の自宅にやって来る。玄関で榎本らを出迎えたのは、激しく吠える犬だった。案内した文恵の姪・友香(志田未来)は、この犬は文恵以外の人が通ると必ず吠えると説明する。

 文恵には、橘麻美(岩佐真悠子)と安西理佳子(MEGUMI)というアシスタントがおり、自宅兼作業場の文恵の家に毎日通っていた。文恵が亡くなった日、麻美は朝から午後5時頃まで仕事をして帰宅。その後、夜10時頃に来た理佳子が作業場で死亡している文恵を発見し通報したという。

 現場は、玄関とすべての窓に鍵がかかった密室。アシスタントは合鍵を持っているが、犬に吠えられずに入室することは不可能だった。近隣住民の証言で、午後5時に麻美が帰宅してから夜10時に理佳子が来るまでの間、犬は一度も吠えなかったとわかった。

 警察は、酔った文恵が資料につまずいて転倒、その拍子に棚から落下した置物が頭を直撃し、死亡したと推定。純子らが友香から話を聞いていると、「自分はやっていない」と、麻美が入って来た。その後、庭で犬が吠える声がして、今度は理佳子がやってきた。犬が苦手だという理佳子は、超音波で犬を撃退する道具を持っていた。別室での検証を終えた榎本は、もう一つだけ確認したいことがあると言い…。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。