職場の前で秋田犬保存会の職員さんたちの出勤を歓迎する天使・秋田犬しょうちゃん(画像提供:秋田犬保存会)

 新型コロナウイルスの影響による自粛期間中から現在にかけて、「癒される」とTwitter上で反響を集めている犬のアカウントがある。秋田犬発祥の地・秋田県大館市に本部を構える“秋田犬保存会”が日々アップしている写真ツイートの数々だ。同保存会は、過去には朝青龍やザキトワなどに秋田犬を贈呈して話題を呼んだ。自粛期間中は閉館をしていたものの、「少しでも人々の“癒し”になれば」と、毎日犬たちの写真をアップし続けていた。写真投稿の裏話を、秋田犬保存会のSNS担当者に話を聞いた。

【写真】「なんじゃこりゃー」しっぽが気になる秋田犬の仔犬、職員さんと出勤する秋田犬たちの日常

■「おはようございもふ」と毎日投稿、閉館中でも写真をアップし続けた理由

「秋田犬保存会」は、国の天然記念物である秋田犬の保護や繁殖などを目的としている団体で、血統書の作成や展覧会の運営、会報の発刊等を主に行っている。秋田犬会館内には博物館もあり、貴重な資料を目にすることもできる。

 秋田犬保存会のTwitterには、秋田犬会館に出勤して、職員さんと戯れながら一緒に過ごす秋田犬たちの写真や、会館にたまに遊びにくる子たちの写真が毎日アップされている。それらのツイートは大きな反響を呼び、「かわいすぎます」「モフモフがたまらない」「撫で回したい」「見てると幸せな気持ちになれる」などと、自粛期間が空けた現在もなおたくさんのコメントが寄せられている。

――「おはようございもふ」と、もふもふの秋田犬の写真がアップされていたのが印象的でした。写真投稿には「癒される」「かわいい」といったコメントが寄せられていましたが、そういった反響についてはどのように感じていますか?
【秋田犬保存会】自粛期間中は毎日が暗いニュースばかりだったため、画像や動画をアップすることで「誰かの心の癒しになればいいな」と思い、継続しておりました。感謝のコメントをいただくことが増え、「アップしていて良かったな」「毎日見てもらえて有難いな」と思っております。

――自粛に伴い5月いっぱいは閉館されていたそうですが、その期間でのSNSの発信で、心がけていたことがあればお聞かせください。
【秋田犬保存会】平日は毎日アップすることを心がけていました。

――確かに毎日アップされる秋田犬の表情には、絶妙なかわいさがあったように思います。実際に、秋田犬の魅力はどんなところにあると思いますか?
【秋田犬保存会】秋田犬は基本的に大人しくて賢く、忠犬ハチ公でも分かるように、飼い主に従順で一途。他の人にはそこまで興味を示さず、飼い主だけを見ているというのが、たまらなくかわいいです。仔犬期は垂れていますが、成犬になるとピンと立つ“立耳”、クルンと丸まった“巻尾”が特徴であり魅力です。そしてなにより、立ち姿が本当に美しいです。

――最後に、今後はどのような発信をしていきたいですか?
【秋田犬保存会】「秋田犬」という知名度は上がったように感じますが、なかなかまだ一般的ではないようで、見たことがない方や大型犬だと知らない方もいるようです。秋田犬のことや、秋田犬保存会での活動(展覧会等)をより多くの方に知っていただけるようなことはもちろん、実際に秋田犬を見られるようなイベントなどの発信もしていきたいと思っております。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。