JR九州は7日、大分県別府市の日豊線亀川駅で同日朝、20代の男性駅員が寝坊したため改札口のシャッター扉を開けるのが約15分遅れ、少なくとも乗客9人が始発に乗れなかったと発表した。駅員は「二度寝してしまった」と話しているという。

 JR九州によると、亀川駅の大分行き始発は午前5時48分発で、駅員が5時35分までにシャッターを開ける決まり。駅員は1人で宿直に当たっており、目覚まし時計二つと、空気で布団が膨らむタイプの起床装置をセットしていたが、寝坊した。シャッターを開けたのは、始発が出た後の5時50分だった。

 JR九州は「再発防止と指導に努める」とした。