阿波吉野川署

 8日午前9時15分ごろ、徳島県吉野川市美郷張の市道で、近くの無職男性(65)が軽乗用車の下敷きになっているのを近所の女性が見つけた。男性は全身を強く打ち、搬送先の徳島市内の病院で約4時間半後に死亡が確認された。死因は外傷による出血性ショック。

 阿波吉野川署によると、男性は自宅近くの私道の坂道をバックで下りていたところ、何らかの原因で約1メートル下の市道に転落。車外に投げ出され、発見時は下半身が右前輪付近の下敷きになっていた。同乗者はいなかった。

 男性は、美郷ほたる館の指定管理者であるNPO法人美郷宝さがし探検隊の理事長で、ホタルまつりや石積みライトアップなど地域の伝統文化を発信するイベントに長年携わっていた。