徳島県警

 徳島市の80代女性宅に9日、新型コロナウイルス緊急経済対策の特別定額給付金の給付を装った不審な電話があった。県警によると、給付金に関する不審電話は県内で2件目。

 捜査2課によると、午前9時45分ごろ、徳島市役所の担当者をかたる男から「給付金を直接受け取れる手続きをしませんか」などと電話があった。女性は既に給付金の申請手続きを終えていたため、詐欺と見抜いて電話を切り、県警に相談した。

 県警は、市町村の職員が現金自動預払機(ATM)の操作や、URL付きのメールを送って申請手続きを求めることはないとして、注意を呼び掛けている。