【写真上から】前半35分、渡が先制ゴール。前半前半38分、ゴールを決めて喜ぶ大﨑淳とアシストした渡。後半3分、大﨑淳が2点目。後半45分、大﨑淳が3点目。ハットトリックを達成した大﨑を祝福するヴォルティス選手=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは20日、鳴門ポカリスエットスタジアムでレノファ山口と対戦し、大﨑淳がハットトリックを決めるなどして5-0で大勝した。通算成績は14勝8分け7敗で勝ち点を50に伸ばしたが、3位の名古屋も勝ったため順位は4位のまま。

 ヴォルティスは前節と同じスターティングメンバー。0-0で進んだ35分、FW山﨑のパスを受けたFW渡がDFをかわして先制。3分後、渡のショートクロスに大﨑淳が左足で合わせて2点目を奪い、前半を2ー0で折り返した。

 後半に入り、3分にDFキムのスルーパスに反応した大﨑淳が守備陣の裏に抜けて3点目。7分山﨑が追加点を挙げた後、終了間際に再び大﨑淳がドリブルで運んで、ダメ押しの5点目を奪った

 大﨑淳は、2011年のFW佐藤晃以来、チーム2人目のハットトリック。


J2第29節 鳴門ポカリスエットスタジアム 観衆4,430人

徳島 5―0 山口
   2―0
   3―0

(得点)徳島=渡(前半35分)大﨑淳(前半38分、後半3分、後半45分)、山﨑(後半7分)