小松島市消防本部は12日、海陽町の70代男性を熱中症の疑いで同市内の病院に救急搬送したと発表した。搬送時に意識はなく、重症とみられる。

 市消防本部によると、午後2時半ごろ、市内のコンビニ駐車場に止まっていた車の運転席で、意識を失っている男性を店員が発見した。駆け付けた救急隊が声をかけても反応がなかった。車のエアコンは作動しておらず、男性の体温は40度を超えていた。持病の有無などは分かっていない。