20日に開幕する四国アイランドリーグplus(IL)は15日、7月9日までの試合日程を発表した。徳島インディゴソックスは、20日午後1時から遠征先で香川との開幕戦に臨む。ホーム初戦は24日午後1時からの愛媛戦。当面は無観客試合で、球場は非公開とした。

 新型コロナウイルス感染症の影響で開幕が2カ月半以上遅れたため、今季は前期・後期に分けず、1シーズン制を採用。各球団は76試合をホーム&ビジター方式で戦う。感染動向などによって中断の可能性もあることから、日程発表は一部にとどめた。

 過密スケジュールも考慮し、ダブルヘッダーの場合は2試合とも7回までの特別ルールを採用する。ソフトバンク3軍との定期交流戦は各球団とも4試合に半減させる。今季は巨人3軍との交流戦は行われない。

 全76試合の勝率で優勝を決定し、悪天候などで全日程が消化できなかった場合は、その時点の成績で優勝を決める。

 当初は前期を3月28日~6月14日、後期を7月14日~9月13日の日程で行い、前・後期の優勝チームがチャンピオンシップ(CS)で年間総合優勝を争うことになっていた。

 CSと、独立リーグ日本一を決めるBCリーグ(関東・甲信越)とのグランドチャンピオンシップ(GCS)の有無については、今後発表するとしている。