県立中央病院の職員が傷害容疑で逮捕されたのを受けて謝罪する病院局幹部=県庁

 徳島中央署は16日、男女2人に暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害の疑いで、徳島県立中央病院事務局主任主事の男(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2日午後10時5分ごろ、徳島市の路上で10代女性の髪の毛をつかんで引っ張るなどの暴行を加え、7日間のけがを負わせた。その5分後には50代男性の顔を拳で1回殴り、7日間のけがを負わせたとしている。