記者会見で頭を下げる病院局長(中)ら=県庁

 徳島中央署は16日、徳島県内の高校に通う10代の女子生徒と50代男性に暴行を加えけがをさせたとして、傷害の疑いで、徳島市、県立中央病院事務局主任主事の男(35)を逮捕した。関係者によると、容疑者は暴行の際に女子生徒から反撃されている。「正当防衛を主張します」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、2日午後10時5分ごろ、徳島市内の路上で、女子生徒の右腕をつかんで髪を引っ張るなどの暴行を加え、約5分後、女子生徒を助けに来た同市内の50代男性の顔面を1回殴るなどして、2人にそれぞれ約7日間のけがを負わせたとしている。

 署によると、女子生徒は友人2人とコンビニの前にいた。通り掛かった容疑者が「家に来ないか」と声を掛け、女子生徒らが「きもい」などと答えたため立腹。追い掛けて逃げ切れなかった女子生徒に暴行した。50代男性は悲鳴を聞いて駆け付け、容疑者に「警察に聞いてもらわんか」と声を掛けたところ、被害に遭ったという。

 県病院局の局長は「公務員としてあってはならないことであり、心からおわび申し上げる。厳正に対処するとともに、県民の信頼回復に向けて全力で取り組みたい」とのコメントを出した。

 容疑者は2014年4月に病院局の職員に採用された。三好病院事務局で勤務していた17年には、同僚男性に暴行を加えてけがを負わせたとして停職6月の懲戒処分を受けている。