知人に勧誘させた女性を経営する風俗店で働かせたとして、徳島県警組織犯罪対策課と徳島中央署などは16日、職業安定法違反の疑いで、阿南市、風俗店経営の男(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は、知人の北島町、会社役員の男(42)=同法違反容疑で逮捕=らに、風俗店の女性従業員の募集を依頼。昨年12月中旬ごろ、知人の借金の連帯保証人となった20代女性に対し、「金利を減額する」と持ち掛けて従業員として働くよう勧誘させたとしている。

 署によると、女性は昨年12月から今年5月まで徳島市内の風俗店で働かされていた。女性の関係者が県警に相談して被害が発覚。会社役員の男(42)らの供述などから風俗店経営の男(37)の関与が分かった。