教育現場への新聞活用を支援する徳島県NIE推進協議会(会長・原卓志鳴門教育大副学長)は、2020年度の実践指定校8校を総会で決めた。

 内訳は日本新聞協会指定が6小中学校で、協議会の独自指定が2中学校。事業計画では11月22、23の両日、東京都内で開かれる第25回NIE全国大会に、実践指定校の教員ら4、5人を派遣することにした。

 役員改選では、新任の副会長に県教委の平井琢二副教育長と、徳島新聞社の近藤務編集局長を選んだ。

 総会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため会合を開かず、議案の持ち回りで審議した。

 20年度の実践指定校は次の通り。

 日本新聞協会指定】加茂名南小、福島小、国府小(以上徳島市)柿原小(阿波市)=以上継続▽上八万中(徳島市)板野中(板野町)=以上新規

 【県NIE推進協議会指定】県立川島中(吉野川市)生光学園中(徳島市)=以上新規