17日正午ごろ、徳島県美波町の由岐港から南東約1キロの沖合で、同町の海女(82)が意識不明の状態で浮かんでいるのを、近くにいた志和岐漁協の組合員が見つけた。

 海女は町内の病院に運ばれ、死亡が確認された。死因は急性心臓死。

 徳島海上保安部美波分室によると、海女はアワビ漁のため午前9時ごろに80代の夫とともに出漁。午前9時半ごろから沖合で素潜り漁をしていた。この日はアワビ漁の解禁日だった。