通勤・通学時間帯に徳島駅などを発着する一部列車で「3密」状態が生じている問題で、JR四国は混雑緩和に向け、HPで混み具合に関する情報提供を始めた。

 対象は徳島、高松、松山、高知の4駅を発着する午前6~9時台と午後4~8時台の全列車。月~木曜の乗車率を基に、普通列車の場合は混雑状況を「座席に座れる程度」「座席はほぼ埋まり、ゆったり立てる程度」「やや混み合っている」「混み合っている」の4段階で示す。翌週の火曜に更新する。

 JR四国広報室は「提供情報を参考にし、時差通勤・通学のほか、マスク着用や会話を控えめにすることもお願いしたい」としている。