現地の図書館前で行われた贈呈式=カンボジア(アプサラ提供)

 カンボジアの教育支援に取り組むNPO法人アプサラ(徳島市)が、同国のコンポントム州バライ地区にあるトリアル小学校図書館に、書籍約1600冊などを寄贈した。同地区は都市部との貧富の差が拡大し教育環境が悪化。1600人以上が通う同校では慢性的な教科書不足が続いている。

 書籍は教科書や地図帳、絵本、辞書など。会員約630人の会費や県内外からの寄付金などで購入に必要な約50万円を工面し、同国の首都プノンペンで買い付けた。図書館の外に備え付ける机や椅子、排水に使う土管も贈った。8月7日、アプサラの会員らが出席し現地で贈呈式が行われた。

 鈴木仁理事長(66)=徳島市中昭和町2=は、娘婿がバライ地区出身だった縁で、2002年から学用品などを贈る支援活動を続けており、15年には図書館を建設した。「テレビも何もない現地の子どもたちにとって本が唯一の娯楽になっている。今回の寄贈で彼らの学習意欲がさらに高まることを期待したい」と話した。

 アプサラは6月にも同地区のトリアル中学・高校図書館に教科書など2600冊を寄贈している。